産後のセックスレスへの対処│お互いの理解が大切

夫婦

性行為を始めるタイミング

婦人

日本人夫婦の多くはセックスレスであるといわれています。産後のセックスレスを改善するためには早めに手をうつ必要があるといえるでしょう。夫婦同士でしっかりと話し合いなどをした上で、改善策を練るなどをすると良いといえます。

もっと読む

産後は回数が減る

男女

産後は、出産前と子供がいるいないや、ホルモンバランスなどが原因で環境が大きく変わります。産後はとどうしてもセックスレスになりがちになってしまうので、何か対策をとるようにしましょう。

もっと読む

長期的に見て考えよう

レディ

産後のセックスレスは夫婦間では大きな問題として将来立ちはだかります。その壁を打ち破るためには互いへの理解と思いやりが必要になってくるでしょう。女性は産後ホルモンバランスの変化や産後で消費した体力の回復、また育児など多くの問題を抱えている状態にあるといえます。多くの問題を抱えた状態でなおかつそれが強いストレスになってしまうのもまた問題となるでしょう。産後は女性ホルモンの分泌量が減り、代わりにプロラクチンと呼ばれるものが分泌されるとされています。このプロラクチンは赤ちゃんを守るための気持ちを高める作用があるとされているのです。
夫がだらしないところを見せていると自然性行為をしようという気も起きなくなりセックスレスなどに陥りやすくなるでしょう。子供を守るために頑張る奥さんは、ダラダラとしている夫の姿を見るとだんだんストレスが募っていき、冷めてしまうことがあるそうです。奥さんがパートナーに対して持つストレスが大きくなれば大きくなる程セックスレスになっていってしまうので、気をつけたいところでしょう。セックスレスを回避するためにも夫は奥さんを少しでもサポートする必要があるといえます。出産前と出産後とでは環境が大きく変わるので、夫の方が適応していこうと心がけなければ、奥さんは不満がドンドン募っていき嫌気がさしてしまうことでしょう。時に頭でわかっていてもどうしようも出来ない時が、あらゆる場面で起きます。奥さんも今その状況に置かれていると考え、労るようにすると今後良い方向へ繋がるのではないでしょうか。

理解し合うことが大切

ウーマン

産後はメンタル面でもホルモンバランスの面でも問題を抱えてしまいます。その影響で性行為に乗り気になれないことが多々あるでしょう。セックスレスにならないためにはお互い理解が必要となるでしょう。

もっと読む